空をよむ

ゆる~くですが、LOHASな生活、自然育児を取り入れながらの日々のこと、趣味である写真・自転車・カフェ巡り・音楽・雑貨・アロマなど興味があることをただ気まぐれに書きとめる、、そんなブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

放射能関連

事故直後の放射能(セシウム137)分布図

分布図

鎌仲ひとみさんの講演会
静かで優しい語り口で事の本質をズバッと語ってくれてます。
考えさせられます。

鎌仲ひとみさん講演会

放射能を体に取り込まないように気を付けすぎてしすぎることはないと思う。
きっときにかけてきた人たちと何もしなかった人では今後違ってくると思う。
それだけ現実におこっていることは危険な状態。
放射能は目に見えないもの。
一か所にとどまっているものではなく風にだってのってくるし雨にも含まれているもの。
土壌が汚染されればすぐに消えない。
いくら気を付けたってさけきれないものだからこそ、なるべく気を付けて体に取り込まないように
していかなくっちゃいけない。

特に小さい子供、赤ちゃんがいる人、妊婦さん、女性は気を付けないといけないんだと思う。


国もマスメディアもほんとのことは隠してます。
私たち国民が一人一人しっかり意識していかないと数年後、数十年後、恐ろしいことに
なると思います。

国の安全基準は安全には程遠い基準値。むしろ危険な数値。
なんとか基準値を下げてほしいし、検査体制もしっかりしてほしい。

利権にぶらさっがているマスメディア、政治家、自治体どうにかしてほしい。



各国の安全基準値
スポンサーサイト
  1. 2011/09/14(水) 14:25:04|
  2. 放射能
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

放射能汚染からわが子を守るために今必要なこと VOL.3

これもわかりやすいイラスト

放射能を取り込みやすい食品・取り込みにくい食品イラスト


放射能汚染は日本中どこにいても避けられないもの。
極力内部被ばくをさけたいところですが、放射能から体を守る食べ物について。


様々な汚染物から体を守る三種の神器「玄米・味噌・塩」のひとつ、今回は「味噌」にスポットを当ててみたいと思います。 1986年に起きたチェルノブイリ原発事故の際に、ヨーロッパでのみその需要が急激に高まりました。それは、広島、長崎での原爆後遺症の調査の中で、「みそを食べていたので、原爆後遺症が軽症ですんだ」という報告があったからです。

 「味噌を摂取することで放射線障害に対抗し得る」という噂は先に紹介した長崎の原爆の爆心地約1.8キロの病院で被爆から身を守った、臨床医秋月辰一郎(あきづきたついちろう)さんの伝記、ロシアでの事故後に急増した味噌の輸出量、そして広島大学の皆さんによる研究リポートなどをその根拠としています。

 現在、味噌の放射能除去能力は、マウスのみを使って為されたものであり、人間の身体を用いた結論に至っていないので、科学的立証は難しいですが、マウスでの実験で、確実に味噌に放射能除去能力がある事は確認されています。

 ドイツのハイデルベルク大学付属児童病院のシュバイゲラー博士たちの研究では「豆腐、味噌汁などを毎日食べる日本人の尿から、がん防止に役立つ化学物質、ゲーステインが欧米人に比べ、30倍も多く発見と発表しています。
 これらの様々な研究、実例から味噌の成分がヨウ素、セシウムを体内から排泄する働きがあると考えられます。ただ、残念ながらプルトニウム、ストロンチウムなど、すぐに骨髄に入ってしまうものについては、味噌による排泄作用は効果がないようです。

 では、味噌の成分がどのように働いて放射線防御作用を起こすのかという事ですが、はっきりとは判明していないようですが、おそらく多糖類や香り成分のビラジンなどではないかと推測されています。その中でも一番の要因は味噌が発酵食品である事が大きいと思われます。味噌は日本の伝統的な食材料というだけでなく、非常に複雑な働きを持った機能性食品である事がわかると思います。

 昔から味噌は「朝の毒消し」といわれてきたように、今、私達が直面している様々な「毒」から身を守る為には味噌、醤油、漬け物などの発酵食品を摂取する事も一つの防御方法ではないでしょうか?


ここをクリックしてください。
放射能から体を守る食べ物について


続いて放射能を減らす下処理方法についてです。
ここをクリックしてください。
放射能を減らす下処理方法


恐ろしい現実に目を背けたくなるときもありますが、
きっとこういうことを心掛けていけば少しでも外部被ばくだけでなく
内部被ばくを少なくすることができると信じて、しっかり実践していきたいと
思います。

無関心でいるのではなくしっかり正しい知識を得て
受け止めていきたいです。


もともと数年前からやっていた安心安全な宅配業者のオルターに加えて
このたび、グリーンコープを始めました。
両社とも放射能検査を取り入れてそれぞれ国の基準値より低い基準値を設けて
対応してくれてます。

グリーンコープ

グリーンコープ

オルター

オルター
  1. 2011/09/05(月) 14:18:46|
  2. 放射能
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

放射能汚染からわが子を守るために今必要なこと VOL.2

とてもわかりやすくまとめられたサイト。

http://metok.org/post/6806864150

何度も目を通し、正しい知識をつけ、放射能をとりこまないようにしたい。

関西は安心、、、なんて思わず、これをみて現実をしっかり受け止めたい。

テレビなどではあまり流れない情報。

児玉教授の答弁。衆議院議会にて。

児玉教授 衆議院参考人質疑

  1. 2011/09/05(月) 13:43:49|
  2. 放射能
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

放射能汚染からわが子を守るために今必要なこと VOL.1

放射能汚染からわが子を守るための正しい知識をつけて
極力汚染を取り込まないようにすること。

まず放射能量の計算方法。

【原子力資料情報室(CNIC)ニュース記事2011/3/17より転載】

 モニタリングのデータが公表されるようになった。一時、公開が止められていたとの報道もあった。ただ、公開と同時に添付されている被ばくの影響に関する説明は誤解を招くものだ。また、報道で専門家が「直ちに人体に影響を与えるものでない」と説明することに憤りを感じる。
 そこで、放射線被ばくの考え方を整理してみた。
 被ばく線量の推定には、本来ならどのような放射能がどれだけ放出されたのかという基礎的なデータが必要だが、これが公開されていない。そこで、今の段階では、かなり粗いものであっても、各個人が自分の被ばくを推測して、判断する目安を得ることは有益だろう。

①単純に被ばくを計算する
 例えば、住んでいる地域で20マイクロシーベルト/時の線量が測定されたと仮定しよう。
 この線量の状態が続くと仮定して、時間を掛けると、とりあえず被ばく線量が出てくる。24時間では480マイクロシーベルトとなる(20×24=480)

②内部被ばくを計算しよう
 人間は呼吸をしているのだから放射能を体内に取り込む。この線量を計算することは難しいが無視することはできない。初めに書いたようにどの放射能がどれくらい出ているか分からないからだ。ここでは大まかに2倍とする。そうすると、24時間で960マイクロシーベルトとなる(480×2=960)

③乳幼児や子供は放射線への感受性が高い
 乳幼児や子供、成長期の若者は放射線への感受性が高いと考えられている。ここでは2倍とする(ヨウ素131では10倍になるとの評価もある)。
 乳幼児や子供は、24時間で1,920マイクロシーベルトとなる(960×2=1920)。

④被ばくの影響を考えよう
 専門家がいう「直ちに人体に影響を与える量」とは急性障害を与える量250ミリシーベルト(250,000マイクロシーベルト)のことを意味しているようだ。あるいは、人によっては100ミリシーベルトの被ばくのことを意味しているように思われる。これを基準に考えることは高い被ばくを容認することになる。
 微量は被ばくでも発がんのリスクを高める。発がんのリスクは被ばくの量に応じて高くなる。例えば、国際放射線防護委員会は1ミリシーベルトの被ばくで、将来10,000人に1人のガン発生が考えられるとしている。この評価には、倍くらい厳しく見るべきとの意見もあり、その場合5,000人に1人となる。

⑤被ばくは極力避ける方が望ましい。が、少しの被ばくで大慌てする必要もない。
 被ばくを低く抑えるには、①離れる、②時間を短くする、③身に付かない(吸入しない)ようにすることが原則。
 モニターの値が高い時にはできるだけ外出を控える、外出は短くする、マスクなどで防護する、などの対策 が考えられる。屋内は屋外に比べて、被ばくは2~3倍くらい少なくなる。
 モニターの数値は首相官邸「平成23年東北地方太平洋沖地震への対応」で得ることができる。
 http://www.kantei.go.jp/jp/kikikanri/jisin/20110311miyagi/index.html


  1. 2011/09/05(月) 13:43:10|
  2. 放射能
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

happy wonderland

Author:happy wonderland
出産をきっかけに、安心安全な食材や身の回りのもの・ECO・地球環境についてなど考えるようになり、育児を通して少しずつ勉強しながら取り入れるようになりました。自然育児をベースに家庭を守る一主婦として、持続可能な形で続けていけたらと思ってます。そんな日々のことをつらつらと、、、。

また写真や自転車やカフェ巡りや雑貨やインテリア、音楽など自分の好きなことについても自由気ままに綴っていけたらと思っています。

好きなもの
DREAMS COME TRUE/MISIA /Port of notes/秦基博/ハナレグミ/cinnabom/salyu/
かもめ食堂/めがね
深津絵里/小林聡美/加瀬亮/妻夫木聡/堤真一
and more...

愛機 Nikon D300/Nikon FA/RICOH GRD Ⅱ/RICOH GRD Ⅲ/RICOH GR1s/natura 
愛車 BIANCH IMORA /KONA SHRED

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
Camera (2)
音楽 (3)
自転車 (5)
カフェ巡り (5)
雑貨・インテリア (7)
LOHAS (7)
育児 (19)
日常 (32)
RICOH GR1s (4)
NATURA CLASSICA (0)
Nikon FA (0)
Nikon D300 (0)
RICOH GR digital 2 (4)
RICOH GR digital 3 (3)
アウトドア (8)
放射能 (4)

Twitter

 

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。